開催中の企画展


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
長期休館のお知らせ
10月25日(金曜日)の豪雨による水害により、ホキ美術館の建物内の電気設備などに影響が発生しております。この為しばらくの期間、ホキ美術館、レストランはなう、ミュージアムカフェの営業を中止いたします。営業再開の目途が立ちましたら、後日このホームページやFacebookやTwitterなどでお知らせいたします。ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。

ホキ美術館・レストランはなう
臨時問い合わせ先
月曜日~金曜日 午前9時~夕方5時
電話:080-1262-6588
FAX:043-205-1028
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ハンガリーの写実画家サンドルフィ展 2019年9月5日(木曜日)~2019年11月17日(日曜日)


ホキ美術館では、2019年9月5日(木曜日)より2019年11月17日(日曜日)まで、ハンガリーの写実画家イシュトヴァーン・サンドルフィの作品20点を日本で初めて紹介する展覧会を開催いたします。本展はバルセロナのヨーロッパ近代美術館(MEAM)とのコラボレーション第2弾であり、同館所蔵のコレクションから厳選された20点を展示するものです。1948年にハンガリーに生まれ、ハンガリー動乱を経て10歳から晩年までパリで過ごしたサンドルフィは、若くして画才を発揮し、世界各地で個展を開きました。没後10年の2016年にMEAMにて大回顧展が開催され、その後ブタペストでも展覧会が開かれています。
細部まで克明に描いた人体が、美しく冷たい色合いの背景のもと、空間に溶け込んだり抜け出てきたり、不思議な設定のなかで描かれています。画家の心の叫びとも言える衝撃の作品群をご紹介いたします。ホキ美術館では、2019年5月17日~2019年9月1日まで開催のMEAM所蔵の「スペインの現代写実絵画展」に続き、幅広い世界の写実絵画をご紹介いたします。
サンドルフィとは
1948年ハンガリー・ブタペストに生まれたイシュトヴァーン・サンドルフィが、8歳の時に民主化やソ連軍撤退を要求する学生や労働者のデモが発生、ハンガリー動乱に遭遇します。ソ連は軍を出動させ、市民と衝突しました。父親が米国系企業に勤めていたことから、サンドルフィ一家は祖国を離れざるを得ず、オーストリアやドイツを経て、10歳でパリに移住。そうした経験から強い孤独を感じ、1人で絵を描くことが多くなりました。子供時代から画才を発揮し、エコール・デ・ボザールと国立高等装飾美術学校に学びます。若くしてその才能は花開き、1973年にはパリ市立近代美術館で大規模な展覧会を開催。以降、作品はニューヨーク、ローマ、ミュンヘンなど各国で紹介されます。2006年、2007年には祖国ハンガリーで展覧会を開催するも、惜しくも2007年末に59歳のときパリで亡くなりました。
その作品を見ると、主に1970年代から1980年代初頭は冷たい色の背景のもと、細部まで克明に描いた人体の姿を多く残しています。構図や人物の表情は印象的で、空間に溶け込んでいたり、空間の中から抜け出てきたり、不思議な設定のなかで人体を描いています。また1980年代以降は自画像や、室内の女性をモデルに描きました。本展では、1978年から1987年まで、サンドルフィの画業のなかでも主要作品ともいうべき、主に30歳代で描いた作品20点を展覧します。

ページトップへ