お知らせ

瀬戸内市立美術館
驚愕の超写実展 ホキ美術館×MEAM ヨーロッパ近代美術館

瀬戸内市立美術館にて、ホキ美術館とヨーロッパ近代美術館(MEAM)の写実絵画、57点を展示します。

瀬戸内市立美術館
〒701-4302 瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地(瀬戸内市役所牛窓庁舎3・4階)

期間:2019年11月16日(土曜日)~2020年1月19日(日曜日)
休館日:毎週月曜日 ※2020年1月13日(月曜日)は開館、年末年始2019年12月28日(土曜日)~2020年1月4日(土曜日)、2020年1月14日(火曜日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:一般1000円/割引(団体20名以上または65歳以上)900円/中学生以下無料
会場:瀬戸内市立美術館4階・3階展示室(出入口は4階自動ドアのみ)
主催:瀬戸内市立美術館、山陽新聞社、RSK山陽放送
助成:株式会社ウェーブハウス、明石被服興業株式会社、有限会社ミツクラ農林
後援:スペイン大使館/岡山県/岡山県教育委員会/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞社/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団

■関連イベント
・開会式
日時:2019年11月16日(土曜日)午前9時~

・超写実展ギャラリートーク
日時:毎週日曜日 ※2019年11月24日(日曜日)を除く、各日午後1時30分~(約30分)
内容:瀬戸内市立美術館館長が作品の解説を行います。
場所:瀬戸内市立美術館4階・3階展示室
参加費:無料(別途瀬戸内市立美術館観覧料)
その他:事前申込は不要です。

瀬戸内市立美術館のホームページはこちら

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

サガテレビ開局50周年記念展
ホキ美術館×ヨーロッパ近代美術館 超写実展 -リアルを超えた絵画 -

佐賀県立美術館にて、ホキ美術館とヨーロッパ近代美術館(MEAM)の写実絵画、約110点を展示します。

【期間】2019年9月14日(土曜日)~2019年11月10日(日曜日)
【展示室】佐賀県立美術館 2・3・4号展示室
【観覧料】一般・大学生1300円【1100円】、中・高校生800円【600円】、小学生以下及び障害者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料。
※【 】内の料金は20名以上の団体、博・美メール会員の割引料金。
※リピーター割 受付で使用済みの本展半券をご提示いただくと割引料金でご入場いただけます。
【主催】サガテレビ、ホキ美術館
【共催】西日本新聞社
【後援】外務省、スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンデス東京、佐賀県、佐賀県教育委員会、佐賀市教育委員会、佐賀新聞社、エフエム佐賀、NBCラジオ佐賀
【特別協賛】NTT西日本佐賀支店
【問合せ】サガテレビ事業企画部 電話:0952-23-9112(平日午前10時~午後5時)

≪関連イベント≫
特別講演「スペインと日本のリアリズム」
日時:9月14日(土曜日)午後2時から 開場午後1時30分
会場:佐賀県立美術館ホール
出演:保木博子(ホキ美術館館長)、ホセ・マヌエル・インフィエスタ(ヨーロッパ近代美術館館長)聞き手:安田茂美(東京藝術大学客員教授)
※入場無料、事前申し込み不要。

第41回 あらかしコンサート
日時:9月21日(土曜日)午後2時から 開場午後1時30分
会場:佐賀県立美術館ホール
出演:市村美穂(踊り)ゲスト出演:矢野佳子(唄)、東勇人(ギター)
主催:佐賀県立博物館・美術館
※入場無料、事前申し込み不要。

ギャラリートーク
展示作家による個性豊かな作品解説をお届けします。
【1】9月22日(日曜日)午後2時から 出演:島村 信之、小木曽 誠
【2】9月29日(日曜日)午後2時から 出演:小尾 修、小木曽 誠
【3】10月6日(日曜日)午後2時から 出演:安彦 文平、小木曽 誠
【4】10月27日(日曜日)午後2時から 出演:小木曽 誠
会場はすべて佐賀県立美術館展覧会場内

出展作家・小木曽 誠による写実絵画ワークショップ「水彩で描く佐賀」
日時:10月5日(土曜日)午前10時~午後5時
会場:佐賀大学美術館(〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町本庄1 佐賀大学内)
※佐賀県立美術館ではありませんのでご注意ください。
講師:小木曽 誠(画家、佐賀大学芸術地域デザイン学部教授)
参加料:大人・大学生2000円 高校生以下1000円
※事前申し込み必要、専用フォームにて受付。詳しくは「超写実展 リアルを越えた絵画」特設サイトをご確認ください。「「超写実展 リアルを越えた絵画」特設サイト

出展作家・野田 弘志によるトークショー&「魂のリアリズム」上映会
写実絵画の巨匠・野田 弘志の制作過程を追ったドキュメンタリー映画を上映します。
日時:10月13日(土曜日)午後2時から(上映時間約2時間) 開場午後1時30分
会場:佐賀県立美術館ホール
※入場無料、事前申し込み不要。

タイアップイベント「スペインのごはんとおやつ」
佐賀県立美術館内のミュージアムカフェ「Cafe TRES」にて、期間限定のスペインスイーツや、スペインを代表する郷土料理・パエリアのメニューをご用意しています。展覧会コラボメニューを食べられるのはここだけ!
※営業日・時間は、佐賀県立美術館の開館日・時間に準じます。

・佐賀県立美術館ホームページ
・「超写実展 リアルを越えた絵画」展覧会特設サイト

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

消費税法改正に伴う料金改定に関するお知らせ

この度、消費税法が改正され令和元年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられることとなりました。
これにより実施日以降の入館券の料金については、下記料金となります。
何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
令和 元年9月1日
株式会社ホキ美術館
< 改定後新料金 >
 
入館料金 1人 税込み
一般
1830円
高校生・大学生・65歳以上
1320円
中学生
910円
団体で入館の一般 ※
1620円
団体で入館の65歳以上 ※
1320円
小学生以下(保護者の大人1人につき2人まで無料)3人目以降
760円
※ 団体料金は1団体につき10人以上からの適用となります。

障害者手帳をお持ちの方は、一般:910円(税込み)、高校生・大学生・65歳以上:660円(税込み)、中学生:450円(税込み)、3人目以降小学生:370円(税込み)となります。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500
電子メール:info@hoki-museum.jp

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「ハンガリーの写実画家サンドルフィ展」のお知らせ

ホキ美術館は2019年9月2日(月曜日)から4日(水曜日)まで展示替えのため休館します。

2019年9月5日(木曜日)より、ホキ美術館とスペインのMEAMコラボレーション第二弾、日本初公開となるハンガリーの写実画家サンドルフィの作品を展示する企画展「ハンガリーの写実画家サンドルフィ展」を開催します。
開催期間:2019年9月5日(木曜日)~2019年11月17日(日曜日)
会場:ギャラリー3


ハンガリーの写実画家サンドルフィ展_A4表

ハンガリーの写実画家サンドルフィ展_A4裏

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

岩手県立美術館「ホキ美術館展」開催のお知らせ[2019/4/19]

本展覧会では、野田弘志、森本草介ら日本の写実絵画の第一人者から、中堅の島村信之、若手までの作家26人による作品64点を展示します。

岩手県立美術館「ホキ美術館展」
岩手県立美術館外観
■開催概要
展覧会名 ホキ美術館展
会場 岩手県立美術館 企画展示室
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190727.html
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3 電話:019-658-1711
会期 2019年7月27日(土曜日)~2019年9月1日(日曜日)
開館時間 午前9時30分~夕方6時(入館は夕方5時30分まで)
休館日 毎週月曜日 ※ 8月12日(月曜日)は開館
お問合せ先 電話:019-658-1711 岩手県立美術館
主催 岩手県立美術館、岩手日報社、岩手めんこいテレビ、公益財団法人岩手県文化振興事業団、ホキ美術館展実行委員
後援 一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙ゆうゆう
交通案内 【盛岡駅よりバスで来館の場合】盛岡駅東口より、岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車。下川原 先回り(左回り)盛岡駅東口バスプール(10)番乗り場 美術館まで約13分 200円)菜園 先回り(右回り)盛岡駅東口バスプール(5)番乗り場 美術館まで約31分 200円)。【車で来館の場合】盛岡インターより約15分、盛岡南インターより約15分。美術館に隣接する盛岡中央公園の無料駐車場をご利用ください。収容台数:普通車131台、軽自動車12台、身障者用3台、大型車8台。美術館敷地内身障者用駐車場2台。【その他】徒歩の場合:盛岡駅西口から20分、タクシーの場合:盛岡駅西口から5分。
観覧料 【一般 前売券】1000円(当日券:1200円)【高校生・学生 前売券】600円(当日券:700円)【小学生・中学生 前売券】400円(当日券:500円)
※ 20名以上の団体は前売料金と同額で観覧できます。
※ 療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
※ 生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
※ 企画展観覧券で常設展もご覧になれます。7月30日(火曜日)~8月1日(木曜日)は展示替えのため常設展はご覧いただけません。
前売券発売日 2019年5月10日(金曜日)※ 販売期間は2019年7月26日(金曜日)まで
【前売券販売所】岩手県立美術館、岩手県民会館
【指定プレイガイド】カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店(肴町本店・イオン前潟店・イオン盛岡南店・三ツ割店・都南店・北上店)/さわや書店本店/江釣子SCパル/いわて生協(コープ高松・ベルフ仙北・ベルフ山岸・ベルフまつぞの・ベルフ青山・ベルフ牧野林・ベルフ八幡平)/岩手県庁生協/Cyg art gallery/ローソン(Lコード:21707)/セブン‐イレブン

■関連イベント
開催記念講演会1「私の考えるリアリズム」
講師:野田弘志[画家、広島市立大学名誉教授、噴火湾アートビレッジ顧問]
日時:2019年7月27日(土曜日)午後2時~午後3時30分
場所:岩手県立美術館1階ホール
定員:120名
応募方法:岩手県立美術館のウェブサイト内の当イベント情報ページの申し込みフォームに入力してください。申し込みフォームは、6月22日の午前10時から表示します。
応募期間:6月22日(土曜日)10時~7月20日(土曜日)12時
※参加には本展観覧券又は半券が必要です。
※定員になり次第申し込みを締め切ります。
※講演会終了後30分程度、講師サイン会を行います。参加ご希望の方は本展図録、講師著書または画集(持参可)をお一人様につき1冊お持ちください。

開催記念講演会2「写実絵画の魅力」
講師:島村信之[画家]
聞き手:安田茂美[ホキ美術館広報担当・元東京藝術大学客員教授]
日時:2019年8月3日(土曜日)午後2時~午後3時30分
場所:岩手県立美術館1階ホール
定員:120名
応募方法:岩手県立美術館のウェブサイト内の当イベント情報ページの申し込みフォームに入力してください。申し込みフォームは、6月22日の午前10時から表示します。
応募期間:6月22日(土曜日)10時~7月20日(土曜日)12時
※参加には本展観覧券又は半券が必要です。
※定員になり次第申し込みを締め切ります。
※講演会終了後45分程度、講師サイン会を行います。参加ご希望の方は本展図録、講師著書または画集(持参可)をお一人様につき1冊お持ちください。

スペシャル・ギャラリートーク
講師:安田茂美[ホキ美術館広報担当、元東京藝術大学客員教授]
日時:2019年7月27日(土曜日)午前10時、午前11時、午後4時、(30分程度)
場所:岩手県立美術館1階企画展示室
※参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

ドキュメンタリー上映会
「魂のリアリズム 画家 野田弘志」(2014年/71分)
日時:2019年8月16日(金曜日)午前10時~午前11時11分
場所:岩手県立美術館1階ホール
※鑑賞ご希望の方は当日直接、岩手県立美術館1階ホールにお越しください。鑑賞無料です。

学芸員によるギャラリートーク
日時:2019年8月2日(金曜日)、8月16日(金曜日)、8月30日(金曜日)
午後2時~(30分程度)
場所:岩手県立美術館1階企画展示室
※参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

山形県酒田市美術館「~心ゆさぶる写実絵画~ホキ美術館名品展」開催のお知らせ[2019/2/11]

ホキ美術館の作品64点がこの春6月1日より、山形県酒田市美術館で紹介されます!お近くにお住まいの皆様、ぜひお越しくださいませ。

山形県酒田市美術館外観
山形県酒田市美術館 外観

《開催概要》
展覧会名 ~心ゆさぶる写実絵画~ホキ美術館名品展
会場 山形県酒田市美術館
http://www.sakata-art-museum.jp/deta2019/hoki.html
〒998-0055 山形県酒田市飯森山三丁目17-95
電話:0234-31-0095
JR酒田駅よりタクシー約10分
会期 2019年6月1日(土曜日)~2019年7月15日(月曜日・祝日)
開館時間 午前9時~午後5時 入館は閉館の30分前まで
休館日 会期中無休
観覧料 一般:1200円(20名以上の団体料金:1100円/1名)
高校・大学生:600円(20名以上の団体料金:550円/1名)
中学生以下は無料
主催 公益財団法人酒田市美術館
共催 酒田市・酒田市教育委員会
特別協力 ホキ美術館
お問合せ先 電話:0234-31-0095 酒田市美術館

■関連企画
記念講演会
日時:6月1日(土曜日)午後2時~
講師:保木博子(ホキ美術館・館長)、安田茂美(元東京藝術大学客員教授)
会場:酒田市美術館展示ホール
定員:50名(要整理券)
料金:無料(但し、要観覧券又は会員券)

学芸員によるギャラリートーク
日時:6月15日(土曜日)・16日(日曜日)両日とも午前10時30分~・午後2時~
会場:酒田市美術館展示室内
料金:無料(但し、要観覧券又は会員券)

解説員によるギャラリートーク
日時:6月29日(土曜日)・30日(日曜日)両日とも午前10時30分~・午後2時~
会場:酒田市美術館展示室内
解説:女子美術大学卒業生
料金:無料(但し、要観覧券又は会員券)

ミュージアムコンサート
日時:7月7日(日曜日)午後2時~
演奏:深谷まり(ヴァイオリン・新日本フィルハーモニー交響楽団)、山口裕子(ハープ・元新日本フィルハーモニー交響楽団)
会場:酒田市美術館展示ホール
定員:50名(要整理券)
料金:無料(但し、要観覧券又は会員券)
※当日午後1時より美術館受付にて整理券を配布します。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2019/07/08]

ホキ美術館で開催中の「スペインの現代写実絵画」展がNHK Eテレの日曜美術館アートシーン展覧会情報で紹介されます。ぜひご覧ください。

番組名:日曜美術館アートシーン
日時:2019年7月14日(日曜日)午前9時45分~
放送局:NHK Eテレ

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館を紹介するテレビ番組のお知らせ[2019/6/14]

BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」にてホキ美術館が紹介されます。
放送日時:2019年7月2日(火曜日)夜9時~10時 「写実絵画の殿堂!ホキ美術館」
「スペインの現代写実絵画」を日本の写実画家が解説!

ぶらぶら美術・博物館 2019年7月2日

ページトップへ

テレビ放送のお知らせ[2019/06/04]

ホキ美術館を紹介するテレビ番組の放送が決定しました。ぜひご覧ください。


番組名:藤原紀香と巡る 奇跡のリアリズム ~日本初公開!スペインの現代写実絵画59点~
http://www.bsfuji.tv/syajitsusaizennsen/pub/index.html
放送日時:2019年6月9日(日曜日)夕方5時~5時55分
放送局:BSフジ

日本とスペインの写実絵画の交換展の一環として、2019年5月17日からホキ美術館で、国内初となるスペインの現代写実絵画59点が公開された。
番組では、女優・藤原紀香が、バルセロナのヨーロッパ近代美術館館長をはじめ、日本の写実を代表する作家・野田弘志とともに展示の模様やスペイン写実のみどころを紹介していく。
また藤原と、4名の現役スペイン作家や館長とのインタビューが実現し、様々な貴重な話を伺う。インタビューでは作品の背景となる文化の違いや、スペインと日本の写実の行く末を考察する。奥深い写実絵画の魅力をお楽しみに。

■出演者
藤原 紀香(女優)
ホセ・マヌエル・インフィエスタ(ヨーロッパ近代美術館館長)
マリア・ホセ・コルテス(画家)
ホセ・マヌエル・カハル(画家)
ハイメ・バレロ(画家)
ミゲル・アンヘル・モヤ(画家)
野田 弘志(画家)
保木 博子(ホキ美術館館長)


ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

沖縄県立博物館・美術館「驚異の写実 - ホキ美術館名品展」開催のお知らせ[2019/1/29]

ホキ美術館の作品64点がこの春4月6日より、初めて沖縄で紹介されます。ぜひ、沖縄県立博物館・美術館でホキ美術館の作品をお楽しみください。

沖縄県立博物館・美術館外観
沖縄県立博物館・美術館 外観

《開催概要》
展覧会名 驚異の写実 - ホキ美術館名品展
会場 沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1・2
https://okimu.jp/exhibition/hokimuseum/
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
電話:098-941-8200
会期 2019年4月6日(土曜日)~2019年5月20日(月曜日)
開館時間 午前9時~午後6時、金曜日・土曜日は夜8時まで。
入館は閉館の30分前まで。
休館日 毎週月曜日 ※ と5月7日(火曜日)
※ 4月29日(月曜日)、5月6日(月曜日)、5月20日(月曜日)は開館します。
観覧料 一般:1300円(前売券料金1000円)
高校生・大学生:1000円(前売券料金800円)
小学生・中学生:700円(前売券料金500円)
当日一般ペア割:2400円
※ 未就学児は無料。
※ 障がい者手帳提示者1人と介助者1人まで当日料金の半額。
※ 4人以上のグループは当日料金から100円引。
※ 20人以上の団体は当日料金から2割引。
前売券 前売券販売期間:2月2日(土曜日)~4月5日(金曜日)
ミュージアムショップゆいむい
ファミリーマート(当日券も販売)
ローソン(当日券も販売)
デパートリウボウ
チケットぴあ(当日券も販売)
コープあぷれ
コープこくば店・美里店・山内店・おろく店
ジュンク堂書店那覇店
など県内主要プレイガイドで販売。
主催 沖縄テレビ放送株式会社、一般財団法人沖縄美ら島財団
特別協力 ホキ美術館
お問合せ先 電話:098-941-8200 沖縄県立博物館・美術館

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スペイン作家によるワークショップ参加者募集のお知らせ[2019/4/22]

「スペイン現代写実絵画展」開催を記念し、スペインから来日されている写実画家が公開で写実技法を解説します。
参加ご希望の方は郵便ハガキにてお申し込みください。参加者は最大25名ほどを予定しており、応募者多数の場合は抽選となります。

■参加費用
お一人様2300円(ホキ美術館入館料金込み)

■応募申し込み方法
参加希望の方は、ご希望講座の時間、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスをご明記の上、下記まで郵便ハガキにて5月6日(月曜日)必着でお申込みお願いいたします。 抽選結果は5月7日(火曜日)に電話、メールにてご連絡いたします。
〒107-0062
東京都港区南青山2-18-20南青山コンパウンド502
ホキ美術館ワークショップ事務局

■5月17日(金曜日)午前10時~午後1時 ギャラリー6
講師:キケ・メアナ氏
描き方の解説と実際に着衣のモデルを前にドローイングを1時間程度(予定)。
Kike Meana キケ・メアナ

キケ・メアナ Kike Meana

《マリナとマイルス》

《マリナとマイルス》

Kike Meana キケ・メアナ氏 プロフィール
1969年マドリッドに生まれる。14歳の時にマドリッドの権威あるデッサンアカデミーに入り、数年後に大学の美術学部の絵画専攻科を修了した。多々の個展を開きながら、名だたる美術展に出品し、「BMW絵画大賞コンテスト」や2013年「Figurativas」などの重要な絵画のコンクールに入賞。作品は個人蔵、またバルセロナ・ヨーロッパ近代美術館などのコレクションに入っている。さまざまな制作スタイルで異なる技法を使いこなし、作品全体が概念的で独特の世界観を表している。

■5月17日(金曜日)午後1時~午後3時 ギャラリー6
講師:ハイメ・バレロ氏
描き方の段階別の紹介と、写真を使って描き方の実践など(予定)。
Jaime Valero ハイメ・バレロ

ハイメ・バレロ Jaime Valero

《ポートレートNo.5》

《ポートレートNo.5》

Jaime Valero ハイメ・バレロ氏 プロフィール
1967年マドリッドに生まれ、1990年マドリッド・コンプルテンセ大学美術学部を卒業。過去20年の間に、独自のスタイルと創造の世界を確立させてきた。あらゆるジャンルを模索した上で、基本として肖像画と具象画に的を絞った。2年間のアメリカ滞在中、大画面で水に包まれたり触れあっている肖像画や具象画を描く研究を始め、以来それが彼の独自の絵画世界になっている。巨匠たちの研究で得た技法と、現代の芸術家たちが築いた魅惑的な世界を織り交ぜるとともに、彼の飽くことなき好奇心は、形の面でもコンセプチュアルな面でも絶えず新たな可能性やアイデアを探し続ける原動力となっている。

■お問合せ先
ホキ美術館ワークショップ事務局(株)IMPRESSION
TEL:03-6312-4098
e-mail: hoki-museum@mbn.nifty.com

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「スペインの現代写実絵画」のお知らせ

ホキ美術館は5月13日(月曜日)から16日(木曜日)まで展示替えのため休館します。

5月17日(金曜日)より、企画展「スペインの現代写実絵画」を開催します。
開催期間:2019年5月17日(金曜日)~2019年9月1日(日曜日)

スペインの現代写実絵画

スペインの現代写実絵画

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スモールコレクション 2019 by Gallery Suchi 開催のお知らせ[2019/4/3]

15人の人気作家の描き下ろし写実絵画をホキ美術館ギャラリー4にて展示販売いたします。
購入を希望されるお客様は会場に設置しております集計箱に応募用紙をお納めいただくか、Gallery Suchi(ギャラリースチ)までE-mailをお送りください。
展示最終日に集計を行い、購入をご希望されるお客様が複数おられた場合には、2019年5月6日(月曜日)最終日の午後3時から抽選とさせていただきます。

Small Collection by Gallery Suchi 2019
■展示期間:2019年4月24日(水曜日)~5月6日(月曜日)
■会場:ホキ美術館 ギャラリー4
■出品作家:野田弘志・五味文彦・生島浩・大畑稔浩・冨所龍人・小尾修・島村信之・石黒賢一郎・安彦文平・松田一聡・塩谷亮・廣戸絵美・藤田貴也・渡抜亮・三重野慶(敬称略)

株式会社 ギャラリー須知(ギャラリースチ)
E-mail:info@gallerysuchi.com
ギャラリー須知ホームページ
営業時間:午前11時~午後7時 休廊日:日曜日・月曜日・祝日



ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館 2019年版カレンダー 販売開始のお知らせ[2018/11/1]

サイズ:タテ35cm×ヨコ33cm
ページ数:7ページ(表紙などを含まず)
形態:壁掛けタイプ
販売価格:1,080円(税込)

通信販売でのご購入は「ミュージアムグッズ」のページをご利用ください。

ホキ美術館 2019年版カレンダーの掲載作品
1月・2月
五味 文彦《あかいはな》
五味 文彦
あかいはな
3月・4月
島村 信之《レッスン》
島村 信之
レッスン
5月・6月
塩谷 亮《月洸》
塩谷 亮
月洸

7月・8月
藤原 秀一《萩と猫》
藤原 秀一
萩と猫
9月・10月
森本 草介《初秋の川辺》
森本 草介
初秋の川辺
11月・12月
青木 敏郎《白デルフトの焼物と獅子、果物達》
青木 敏郎
白デルフトの焼物と獅子、果物達

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

2019年 お正月特別企画
「ホキ美術館ポストカード」プレゼント

毎年恒例のお正月特別企画としまして「ホキ美術館オリジナルポストカード」をご来館いただいたお客様にプレゼントいたします。数に限りがございますので在庫がなくなり次第に終了となります。

■「ホキ美術館ポストカード」プレゼント
実施予定日:2019年1月2日(水曜日)
1セットにポストカードがランダムで2枚入っています。
※当日、ホキ美術館入館券を購入された方1名様につき1セット

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送アーカイブのお知らせ[2018/10/20]

NHK国際放送の「Close to ART」でホキ美術館が15分間紹介されました。
下記のアーカイブで2019年10月17日までご覧いただけます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/15minutes/3019034/
NHK WORLD-JAPAN Live Video On Demand


ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

第1回 ホキ美術館プラチナ大賞 受賞作決定[2018/9/21]

国内外から応募された写実絵画274作品の中から、第1回「ホキ美術館プラチナ大賞」受賞作品が決定しました。

ホキ美術館では若手写実画家の発掘と育成を目的に2011年から3年に1度、40歳以下の画家を対象にした写実絵画の公募展であるホキ美術館大賞を実施してきました。その中で、41歳以上の方々からも是非応募したいとの声が多く、このたびホキ美術館プラチナ大賞を設立し、10号~20号の写実作品を募りました。国内外から274点もの作品をご応募いただき、また内容もとても素晴らしいものでした。そのため、当初大賞は1点を予定していましたが、2作品が選ばれました。
入選作48点はギャラリー4とギャラリー7の2カ所で、2018年11月23日(金曜日)~2019年5月12日(日曜日)の期間に16点ずつ3回に分けて展示いたします。

三浦 賢一(みうら けんいち)《明け方の夢》 2018年
●受賞のコメント
三浦賢一 私は今まで、この様な「賞」と名のつく物を頂いた事は一度もありませんでした。それ故、今は生まれて初めての嬉しさと感謝の念に心が満たされています。本当に有難うございました。
これ以後は頂いたこの栄誉を汚さぬよう、さらに画道に精進して行く決意です。
1956年生まれ。ウィーン在住。

三浦賢一《明け方の夢》2018年
●作品の解説
私の持てる技術を十全に駆使して描きましたが、そう言ったものばかりが目立つのでは無い、叙情的な雰囲気のある絵を描きたいと思いました。

河野 桂一郎(こおの けいいちろう)《Annabell》 2018年
河野桂一郎《Annabell》2018年 ●受賞のコメント
この度は記念すべき第1回ホキ美術館プラチナ大賞にお選びいただき誠にありがとうございます。このような機会を与えてくださった保木社長と館長、そして関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。
1966年生まれ。神戸市在住。
2016年、第92回白日会展文部科学大臣賞受賞ほか。
●作品解説
私は女性像をモチーフに制作を続けておりますが、最も大切にしていることは、モデルを魅力的に描くことです。
河野桂一郎

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「人.ひと.人 人って面白い」のお知らせ

ホキ美術館は11月19日(月曜日)から22日(木曜日)まで展示替えのため休館します。

11月23日(金曜日)より、企画展「人.ひと.人 人って面白い」を開催します。
開催期間:2018年11月23日(金曜日)~2019年5月12日(日曜日)

人.ひと.人 人って面白い

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ナイトミュージアム のお知らせ

閉館時間が2時間長くなるナイトミュージアム。ご好評につき今年は開催日を拡大します。
ナイトミュージアム

当日は閉館時間を2時間延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトーク・スペシャルバージョンを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

■ナイトミュージアム開催日
2018年
5月3日(木曜日)、5月4日(金曜日)、5月5日(土曜日)
7月15日(日曜日)
8月11日(土曜日)
9月16日(日曜日)、9月23日(日曜日)
10月7日(日曜日)
11月3日(土曜日)

開館時間:午前10時
閉館時間:夜7時30分(最終入館は夜7時まで)
入館料:通常料金

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500
電子メール:info@hoki-museum.jp

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2018/10/16]

NHK国際放送の「Close to ART」でホキ美術館が15分間紹介されます。
作家インタビューも交えてホキ美術館と写実絵画を紹介する充実した内容となっております。なお、海外でのテレビ放送ですが、日本では下記のリンクのNHK国際放送のライブストリーミングでご覧いただけます。

■放送日時(日本時間)
10月17日(水曜日)
・09時30分~09時45分
・13時30分~13時45分
・15時30分~15時45分
・22時30分~22時45分

10月18日(木曜日)
・03時30分~03時45分

NHK WORLD-JAPAN Live) https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「SPARK あの時君は若かった」のお知らせ[2018/5/10]

ホキ美術館は5月21日(月曜日)から23日(水曜日)まで展示替えのため休館します。

5月24日(木曜日)より、企画展「SPARK あの時君は若かった」を開催します。
開催期間:2018年5月24日(木曜日)~2018年11月18日(日曜日)

SPARK あの時君は若かった

SPARK あの時君は若かった

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スモールコレクション 2018 by ギャラリースチ[2018/4/11]

写実作家15人の新作をホキ美術館ギャラリー4にて展示販売いたします。
購入をご希望されるお客様は会場に設置しております集計箱に応募用紙をお納めいただくか、ギャラリースチ(Gallery Suchi)まで電話あるいは、E-mailでお問い合わせください。
展示最終日に集計を行い、購入をご希望されるお客様が複数おられた場合には、2018年5月6日(日)最終日の午後3時から抽選とさせていただきます。

Small Collection by Gallery Suchi 2018
■展示期間:2018年4月18日(水)~5月6日(日)
■会場:ホキ美術館 ギャラリー4
■出品作家:野田弘志・五味文彦・生島浩・大畑稔浩・冨所龍人・小尾修・島村信之・石黒賢一郎・安彦文平・塩谷亮・廣戸絵美・藤田貴也・渡抜亮・三重野慶・鶴友那(敬称略)

株式会社 ギャラリー須知(ギャラリースチ)
電話・FAX:03-6661-6393 E-mail:info@gallerysuchi.com
ギャラリー須知ホームページ
営業時間:午前11時~午後7時 休廊日:日曜日・月曜日・祝日



ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

鹿児島市立美術館「ホキ美術館名品展」開催のお知らせ [2018/2/22]

鹿児島に初めての巡回
鹿児島市立美術館にて「ホキ美術館名品展~心ゆさぶる写実絵画~」を開催します。

ホキ美術館の写実絵画作品62点が初めて、2018年3月30日(土曜日)より鹿児島市立美術館で展示されます。本展ではホキ美術館の私の代表作コーナーの展示替えに伴い、初めて外に出る大作、野田弘志《聖なるものTHE-IV》、島村信之《幻想ロブスター》を始め、生島浩《5:55》など、26作家の名品62点を紹介いたします。

《開催概要》
展覧会名:ホキ美術館名品展~心ゆさぶる写実絵画~
会場:鹿児島市立美術館(鹿児島市城山4-36)
会期:2018年3月30日(金曜日)~2018年5月6日(日曜日)
開館時間:午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日:2018年4月2日・9日・16日・23日
観覧料:一般・大学生1200円(前売り1000円)小・中・高校生600円(前売り500円)
アクセス:カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分
市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分、鹿児島中央駅より車で10分。
主催:鹿児島市立美術館、南日本新聞社
一般お問合せ:南日本新聞社事業部 TEL:099-813-5053(午前10時~午後5時 土日休み)

生島浩《5:55》2007-2010年 ホキ美術館
生島浩《5:55》2007-2010年
野田弘志《聖なるものTHE-IV》2013年 ホキ美術館
野田弘志《聖なるものTHE-IV》2013年
島村信之《幻想ロブスター》2013年 ホキ美術館
島村信之《幻想ロブスター》2013年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

2018年 お正月特別企画
「ホキ美術館ポストカード」プレゼント

毎年恒例のお正月特別企画としまして「ホキ美術館オリジナルポストカード」をご来館いただいたお客様にプレゼントいたします。数に限りがございますので在庫がなくなり次第に終了となります。

■「ホキ美術館ポストカード」プレゼント
実施予定日:2018年1月3日(水曜日)
1セットにポストカードがランダムで2枚入っています。
※当日、ホキ美術館入館券を購入された方1名様につき1セット

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2017/11/17]

開館8周年のホキ美術館を紹介するテレビ番組の放送が決定しました。ぜひご覧ください。
番組名:藤原紀香と巡る奇跡のリアリズム 写実絵画最前線
放送日時:2017年12月2日(土曜日)午後3時~3時55分
放送局:BSフジ
出演者:藤原 紀香(女優)、山下 裕二(明治学院大学教授、美術史家)、野田 弘志(画家)、小尾 修(画家)、石黒 賢一郎(画家)、五味 文彦(画家)、安彦 文平(画家)、保木 博子(ホキ美術館館長)

女優:藤原 紀香
藤原 紀香
美術史家:山下 裕二
山下 裕二
画家:野田 弘志
野田 弘志
■番組概要
近年、写実絵画がブームになっています。その火付け役となったのが2010年に開館した千葉の写実絵画専門美術館ホキ美術館です。写実絵画は1枚の作品を描くのに3カ月から1年をも要し、その写真とみまごうほどに細密に描かれた作風が人々の感動を呼んでいます。番組では女優の藤原紀香さんと美術史家の山下裕二さんがホキ美術館を訪れ、写実絵画の奥深い魅力を探ります。今回、藤原紀香さんが名だたる写実絵画作家に直撃インタビュー、創作にかける熱き思いを聞きます。さらに作家のアトリエを訪ね超絶技巧の秘密を目撃、いま関心が高まる写実絵画の最前線に迫ります。

野田 弘志《「崇高なるもの」OP.6》2016年
野田 弘志
《「崇高なるもの」OP.6》
2016年
小尾 修《静寂の声》2017年
小尾 修
《静寂の声》
2017年
島村 信之《夢の箱》2017年
島村 信之
《夢の箱》
2017年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「理想の風景画」と「第3回 私の代表作展」のお知らせ[2017/11/9]

ホキ美術館は11月13日(月曜日)から17日(金曜日)まで展示替えのため休館します。

11月18日(土曜日)より、企画展「理想の風景画」と「第3回 私の代表作展」を開催します。
開催期間:2017年11月18日(土曜日)~2018年5月20日(日曜日)

理想の風景画・第3回 私の代表作展

理想の風景画

第3回 私の代表作展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

サマーナイトミュージアム のお知らせ

サマーナイトミュージアム

2017年7月16日(日)と8月12日(土)は夏限定の「サマーナイトミュージアム」を実施いたします。
開館時間:午前10時
閉館時間:夜7時30分
入館料:通常料金

当日は閉館時間を2時間延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトーク・スペシャルバージョンを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500
電子メール:info@hoki-museum.jp

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「画家の眼がとらえた美」のお知らせ[2017/5/13]

ホキ美術館は5月16日(火)から18日(木)まで展示替えのため休館します。

5月19日(金)より、企画展「画家の眼がとらえた美」を開催します。
開催期間:2017年5月19日(金)~2017年11月12日(日)

画家の眼がとらえた美 -

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スモールコレクション 2017 by ギャラリースチ[2017/4/1]

写実作家14名の新作をホキ美術館ギャラリー4にて展示販売いたします。
購入をご希望されるお客様は会場に設置しております集計箱に応募用紙をお納めいただくか、ギャラリースチ(Gallery Suchi)まで電話あるいは、E-mailでお問い合わせください。
展示最終日に集計を行い、購入をご希望されるお客様が複数おられた場合には、5月7日(日)最終日の午後3時から抽選とさせていただきます。

Small Collection by Gallery Suchi 2017
■展示期間:2017年4月19日(水)~5月7日(日)
■会場:ホキ美術館 ギャラリー4
■出品作家:野田弘志・五味文彦・生島浩・大畑稔浩・冨所龍人・小尾修・島村信之・石黒賢一郎・安彦文平・小木曽誠・塩谷亮・永山優子・藤田貴也・渡抜亮(敬称略)

株式会社 ギャラリー須知(ギャラリースチ)
電話・FAX:03-6661-6393 E-mail:info@gallerysuchi.com
ギャラリー須知ホームページ
営業時間:午前11時~午後7時 休廊日:日曜日・月曜日・祝日

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

第2回ホキ美術館大賞「特別賞」決定のお知らせ [2017/3/10]

第2回ホキ美術館大賞特別賞に広島在住作家三重野慶の《信じてる》が選ばれました。

三重野慶《信じてる》2016年
第2回ホキ美術館大賞特別賞受賞作 三重野慶《信じてる》2016年

40歳以下の若手写実作家を対象にした第2回ホキ美術館大賞には、全国から93点の応募がありました。昨年9月に第2次審査まで通過し、現在「第2回ホキ美術館大賞展」として展示されている37点は粒ぞろいの作品ばかりで、今後の写実界に大きな希望をもたらしました。ホキ美術館大賞には鶴友那《ながれとどまりうずまききえる》が、準賞には後藤勇治《ガスタンクのある風景》が、創設者保木将夫と館長保木博子により選ばれましたが、このたび、大賞・準賞を除く入選作品35点のなかから、特別賞が来館者による一般投票で選ばれました。2016年11月15日から2017年2月27日まで投票が行われ、総得票数4546点の中で1034点を獲得し第1位に輝いたのは、広島在住の三重野慶さん(31歳)の《信じてる》です。三重野さんには、ホキ美術館より表彰状と賞金が授与され、作品はホキ美術館に寄贈されます。なお、第3回ホキ美術館大賞は2019年に開催いたします。またこれまで希望が多く寄せられた41歳以上の写実作家を対象にした第1回ホキ美術館プラチナ大賞を新設し、2018年秋に第1回の展覧会を開催予定です。

プロフィール 三重野 慶(みえの けい)
1985年3月10日広島県生まれ。広島県在住。2007年、広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻卒業。卒業制作M氏賞受賞。2010年、86回白日会展初入選(以後2014年まで毎年)。2012年、第23回明日の白日会展選抜。2016年、ホキ美術館大賞展入選。2015年ヒグチアイ(全員優勝)CDジャケットを担当。呉昭和東公民館、川尻公民館で教室を開催。2017年8月に東京都中央区「Suchi Gallery」にて個展を予定。

作家のメッセージ 特別賞受賞作《信じてる》について
感情によって見えている色、光が少しだけ変わって見えます。楽しいときは楽しい色に。悲しいときは悲しい色に。同じ時、同じ光を見ている人はいない。ですが、絵になって、私が見た光が絵の中に在るなら、共有することができるのではないでしょうか。私にはこのように見えています。言葉で伝えられないことばかりです。この絵、この色、この光で、伝わってほしい。

三重野 慶 ホキ美術館ギャラリー1にて
三重野 慶 ホキ美術館ギャラリー1にて

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

佐賀県立美術館「ホキ美術館 名品展」開催のお知らせ [2017/3/9]

2017年3月29日より、九州で初めてホキ美術館のコレクションを紹介する展覧会を、佐賀県立美術館で開催いたします。会場となる佐賀県立美術館は1983年に開館し、2015年7月に大規模な内装改修を行いリニューアル・オープンしました。明るく大きな2つの展示室で、ホキ美術館の27作家による名品70点をご紹介いたします。展示作家は、森本草介、野田弘志、中山忠彦、青木敏郎、島村信之、小尾修、五味文彦、大矢英雄、大畑稔浩、生島浩、磯江毅、原雅幸、石黒賢一郎、塩谷亮、藤原秀一、羽田裕、山本大貴、安彦文平、李暁剛、渡抜亮、曽根茂、諏訪敦、永山優子、廣戸絵美、松田一聡、小木曽誠、藤田貴也(順不同)の27名です。
4月1日(土曜日)午後2時から小木曽誠、塩谷亮によるギャラリートークが、そして4月8日(土曜日)には大畑稔浩、小尾修によるギャラリートークも開催されます。
また、九州ゆかりの作家としては、中山忠彦(小倉市生まれ)、渡抜亮(大分県生まれ)、そして佐賀大学准教授の小木曽誠がいます。なお、同市内の佐賀大学美術館でも同時期に写実絵画の展覧会を開催いたします。この機会にぜひご高覧ください。

島村 信之《日差し》 2009年 ホキ美術館
島村 信之 《日差し》2009年
《開催概要》
展覧会名:世界初!写実絵画専門美術館の超絶リアリズム、特別公開。ホキ美術館名品展
会期:2017年3月29日(水曜日)~5月14日(日曜日)
開館時間:午前9時30分~午後6時
休館日:月曜日 ※祝日の場合は翌日が休館となります。
会場:佐賀県立美術館 佐賀市城内1-15-23 JR佐賀駅よりバス約15分
主催:サガテレビ
共催:西日本新聞社
観覧料:一般1200円、中学生・高校生800円(学生証提示)、小学生以下無料、障がい者手帳保持者と介護者1名は無料。
お問合せ:サガテレビ事業企画部 電話:0952-23-9112

中山 忠彦《楽興》1995年
中山 忠彦 《楽興》 1995年
渡抜 亮《半眼》2014年
渡抜 亮 《半眼》 2014年

《イベント情報 1》
■写実画家、小木曽誠と塩谷亮によるギャラリートーク
【演題】「写実絵画を読む」
【日時】2017年4月1日(土曜日)午後2時~
【講師】小木曽誠 氏、塩谷亮 氏
【会場】佐賀県立美術館
【参加費】無料 ※展覧会観覧券が必要。

塩谷 亮《白い部屋》2010年 ホキ美術館
塩谷 亮 《白い部屋》 2010年
小木曽 誠《巡界する刻の中に》2013年 ホキ美術館
小木曽 誠 《巡界する刻の中に》 2013年

《イベント情報 2》
■写実画家、大畑稔浩と小尾修によるギャラリートーク
【演題】「写実絵画と個性」
【日時】2017年4月8日(土曜日)午後2時~
【講師】大畑稔浩 氏、小尾修 氏
【会場】佐賀県立美術館
【参加費】無料 ※展覧会観覧券が必要。

小尾 修《種》2015年 ホキ美術館
小尾 修 《種》 2015年
大畑 稔浩《瀬戸内海風景ー川尻港》2003年 ホキ美術館
大畑 稔浩 《瀬戸内海風景 - 川尻港》 2003年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ふくやま美術館「驚きの写実絵画 - ホキ美術館 名品展 -」開催のお知らせ [2016/12/22]

ホキ美術館コレクションより、野田弘志・森本草介・中山忠彦といった写実の第一人者から中堅若手までの作家27名による作品70点を中国地方で初公開。絵画でありながら実物を見ているような、あるいは実物以上にリアリティを感じるような驚きの写実絵画の世界をご堪能下さい。

■「驚きの写実絵画 - ホキ美術館 名品展 -」開催概要■
会場:ふくやま美術館
〒720-0067 広島県福山市西町二丁目4番3号 電話:084-932-2345
会期:2017年1月21日(土)~2017年3月12日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時
休館日:月曜日
観覧料:一般1000円、前売券800円、20名以上の団体の方々は1名につき800円
以下の方は無料。証明となるものを各受付にご提示ください。
・高校生以下。
・社会福祉施設に入所されている方。
・福山市、府中市、神石高原町に住所を有する65歳以上の方。
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参する方及びその介護者の方。

主催:(公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市、中国新聞備後本社
特別協力:ホキ美術館

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2016/12/27]

ホキ美術館の人気画家、石黒賢一郎さんがテレビ番組に出演します。

NHK総合1
超絶凄ワザ!「夢かなえますSP よみがえれ!思い出の写真編」
2017年1月7日(土)午後8時15分~午後8時45分

視聴者からの「色あせた思い出のカラー写真をよみがえらせてほしい!」という依頼に挑む。37年前に撮影し、日焼けで色が落ち、表情が全く見えなくなった亡き夫との2ショット写真。専門家が復元不可能という超難題に、ハイテク復元の技術者と超絶技巧の画家が、それぞれの手法で挑戦!写真に秘められた夫婦の絆と家族の物語。果たして写真は復元できるのか?

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

2017年 お正月特別企画
「ホキ美術館ポストカード」プレゼント

毎年恒例のお正月特別企画としまして「ホキ美術館オリジナルポストカード」をご来館いただいたお客様にプレゼントいたします。数に限りがございますので在庫がなくなり次第に終了となります。

■「ホキ美術館ポストカード」プレゼント
実施予定日:2017年1月2日(月)
1セットにポストカードがランダムで2枚入っています。
※当日、ホキ美術館入館券を購入された方1名様につき1セット

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館 2017年版カレンダー 販売開始のお知らせ[2016/11/2]

「ホキ美術館 2017年版カレンダー 壁掛けタイプ」の販売を始めました。

サイズ:タテ35cm×ヨコ33cm
ページ数:7ページ(表紙などを含まず)
形態:壁掛けタイプ
販売価格:972円(税込)

通信販売でのご購入は「ミュージアムグッズ」のページをご利用ください。

2017年版の掲載作品は以下の6点です。

【 1月・2月 】
五味文彦《樹影が刻まれる時》
五味文彦
樹影が刻まれる時
2015年
【 3月・4月 】
石黒 賢一郎《真○○・マ○・イ○○○○○○》
石黒 賢一郎
真○○・マ○・イ○○○○○○
2011年
【 5月・6月 】
羽田 裕《五月のドナウヴェルト》
羽田 裕
五月のドナウヴェルト
2010年

【 7月・8月 】
島村 信之《ニジイロクワガタ-メタリック オオコノハムシ-擬態》 島村 信之《ニジイロクワガタ-メタリック オオコノハムシ-擬態》
島村 信之
ニジイロクワガタ-メタリック
オオコノハムシ-擬態
2015年
【 9月・10月 】
野田弘志《皿と果物I》
野田弘志
皿と果物I
2004年
【 11月・12月 】
原 雅幸《クリストファーロビンの聲》
原 雅幸
クリストファーロビンの聲
2008年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

阪急うめだギャラリー「ホキ美術館 名品展」開催のお知らせ [2016/10/22]

阪急うめだギャラリー「ホキ美術館 名品展」

■「ホキ美術館 名品展」開催概要■
会期:2016年11月23日(水)~2016年12月5日(月)
会場:阪急うめだ本店9F 阪急うめだギャラリー
〒530-8350 大阪市北区角田町8番7号 電話06-6361-1381
入場料:一般800円、高校生・大学生600円、中学生以下無料

開館時間
日曜日~木曜日 午前10時~午後8時
金曜日・土曜日 午前10時~午後9時
最終入館:閉館30分前

主催:阪急うめだギャラリー
共催:ホキ美術館
協力:読売テレビ

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「第2回 ホキ美術館大賞展」のお知らせ[2016/10/23]

ホキ美術館は11月14日(月)から17日(木)まで展示替えのため休館します。

11月18日(金)より、企画展「第2回 ホキ美術館大賞展」をギャラリー1にて開催します。
開催期間:2016年11月18日(金)~2017年5月15日(月)

第2回 ホキ美術館大賞展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

秋田県立近代美術館「ホキ美術館展」好評開催中 [2016/8/10]

公立美術館としては初めて、また東北地方で初めてホキ美術館展を秋田県立近代美術館で好評開催中です。秋田県立近代美術館はJR横手駅から車で10分ほど、秋田ふるさと村という一大レジャー施設に隣接する大きな建物の美術館で、広い展示室内に65点の写実絵画作品が展示されています。

秋田県立近代美術館「ホキ美術館展」

■開催概要■
「ホキ美術館展」これが写実だ!驚きと感動の絵画
会期:2016年7月2日(土)~2016年9月11日(日)
会場:秋田県立近代美術館5階展示室
開館時間:午前9時30分~午後5時(最終入館:午後4時30分)会期中無休
観覧料:一般1200円、高校生・大学生800円 中学生以下無料
主催:ホキ美術館展実行委員会(秋田魁新報社、秋田県立近代美術館)
後援:横手市/横手市教育委員会/NHK秋田放送局/ABS秋田放送/AKT秋田テレビ/AAB秋田朝日放送/エフエム秋田/CAN秋田ケーブルテレビ/横手かまくらFM/エフエムゆーとぴあ/FMはなび
特別協力:ホキ美術館

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

サマーナイトミュージアム のお知らせ

サマーナイトミュージアム

2016年7月17日(日)と8月13日(土)は夏限定の「サマーナイトミュージアム」を実施いたします。
開館時間:午前10時
閉館時間:夜7時30分
入館料:通常料金

当日は閉館時間を2時間延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトークを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500
電子メール:info@hoki-museum.jp

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「心ゆさぶる写実絵画 - 今を生きる日本の作家たち -」のお知らせ[2016/4/25]

ホキ美術館は5月16日(月)から18日(水)まで展示替えのため休館します。

5月19日(木)より、企画展「心ゆさぶる写実絵画 - 今を生きる日本の作家たち -」を開催します。
開催期間:2016年5月19日(木)~2016年11月13日(日)

心ゆさぶる写実絵画 - 今を生きる日本の作家たち -

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館への各社バスツアーのお知らせ[2016/4/9]

旅行代理店が企画実施するバスツアーの情報をご案内いたします。参加をご希望される方は下記のリンク先の旅行代理店のホームページにて詳細をご確認の上お申し込みください。

朝日旅行
■ 旅行企画・実施:(株)朝日旅行
TEL:03-6858-9811
営業時間:月曜日~金曜日 9時30分~18時 休業日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始

<新シリーズ>美の旅
『 美の旅 DIC川村記念美術館とホキ美術館 』
日本屈指の近現代美術のコレクションと超絶技巧の写実絵画を。昼食はホキ美術館館内の「レストランはなう」で本格イタリアンを♪
5月19日(木)・6月23日(木)・9月29日(木)・10月20日(木)、現在は東京発着のみを発表しております。お申込みは原則全JTB店舗およびPTS店舗、三越伊勢丹トラベルなどでも承ることが可能です。

■ 旅行企画・実施:クラブツーリズム(株)カルチャー旅行センター
TEL:03-5323-5590
営業時間:月曜日~土曜日 9時15分~17時30分 休業日:日曜日・祝日
ご来店でのお申し込みは、近畿日本ツーリスト各店舗と以下のリンク先に記載のクラブツーリズムの支店にて承っております。

<美術館めぐり>6月19日(日)横浜・新宿発
『 レンブラントから印象派のコレクション DIC川村記念美術館とホキ美術館 』

<美術館めぐり>6月29日(水)横浜・新宿発
『 レンブラントから印象派のコレクション DIC川村記念美術館とホキ美術館 』

■ 旅行企画・実施:クラブツーリズム株式会社 バス旅行センター
TEL:042-540-1022
営業時間:月曜日~土曜日 9時15分~17時30分、日曜日・祝日 9時15分~13時
ご来店でのお申し込みは、近畿日本ツーリスト各店舗と以下のリンク先に記載のクラブツーリズムの支店にて承っております。

<女性限定!>6月11日(土)JR八王子・立川発
『 ホキ美術館と「縁結び大社」ヒルトン東京ベイでアフタヌーンブッフェ 』

<女性限定!>6月19日(日)JR八王子・立川発
『 ホキ美術館と「縁結び大社」ヒルトン東京ベイでアフタヌーンブッフェ 』

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スモールコレクション 2016 by ギャラリースチ

写実作家12名の新作をホキ美術館ギャラリー4にて展示販売いたします。
購入をご希望されるお客様は会場に設置しております集計箱に応募用紙をお納めいただくか、ギャラリースチ(Gallery Suchi)まで電話あるいは、E-mailでお問い合わせください。
展示最終日に集計を行い、購入をご希望されるお客様が複数おられた場合には、5月5日(木)最終日の午後3時から抽選とさせていただきます。

Small Collection by Gallery Suchi 2016
■展示期間:2016年4月20日(水)~5月5日(木)
■会場:ホキ美術館 ギャラリー4
■出品作家:野田弘志・五味文彦・大畑稔浩・冨所龍人・小尾修・島村信之・石黒賢一郎・安彦文平・小木曽誠・塩谷亮・藤田貴也・渡抜亮(敬称略)

株式会社 ギャラリー須知(ギャラリースチ)
電話・FAX:03-6661-6393 E-mail:info@gallerysuchi.com
ギャラリー須知ホームページ
営業時間:午前11時~午後7時 休廊日:日曜日・月曜日・祝日

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館 2016年版カレンダー 販売開始のお知らせ[2015/11/7]

「ホキ美術館 2016年版カレンダー 壁掛けタイプ」の販売を始めました。

サイズ:タテ35cm×ヨコ33cm
ページ数:7ページ(表紙などを含まず)
形態:壁掛けタイプ
販売価格:972円(税込)

通信販売でのご購入は「ミュージアムグッズ」のページをご利用ください。

2016年版の掲載作品は以下の6点です。

【 1月・2月 】
森本 草介《牡丹》
森本 草介
《牡丹》
2004年
【 3月・4月 】
原 雅幸《ドイル家のメールボックス》
原 雅幸
《ドイル家のメールボックス》
2012年
【 5月・6月 】
島村 信之《籐寝椅子》
島村 信之
《籐寝椅子》
2007年

【 7月・8月 】
野田 弘志《摩周湖・夏天》
野田 弘志
《摩周湖・夏天》
1998年
【 9月・10月 】
小尾 修《Apres-midi》
小尾 修
《Apres-midi》
2014年
【 11月・12月 】
五味 文彦《UTSUSEMI》
五味 文彦
《UTSUSEMI》
2015年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

2016年 お正月特別企画
「ホキ美術館ポストカード」プレゼント
「ホキ美術館オリジナルペーパーバッグ」プレゼント

毎年恒例のお正月特別企画としまして「ホキ美術館オリジナルポストカード」をご来館いただいたお客様にプレゼントいたします。さらに今回は特別に「ホキ美術館オリジナルペーパーバッグ」のプレゼントも併せて実施いたします。両方ともに数に限りがございますので在庫がなくなり次第に終了となります。

■「ホキ美術館ポストカード」プレゼント
実施予定日:2016年1月2日(土)
1セットにポストカードがランダムで2枚入っています。
※当日、ホキ美術館入館券を購入された方1名様につき1セット

■「ホキ美術館オリジナルペーパーバッグ」プレゼント
実施予定日:2016年1月2日(土)・3日(日)の2日間
※当日、ホキ美術館入館券を購入された方1名様につき1つ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ ご好評につき「ホキ美術館オリジナルペーパーバッグ」プレゼント
★ 期間を2016年1月11日(月)の3連休最終日まで延長します
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

訃報
画家の森本草介氏(78歳)が2015年10月1日、心不全のため永眠されました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
森本草介氏は日本の写実絵画界の第一人者であり、リリシズムの画家として多くの人々を魅了してきました。名作《横になるポーズ》1998年は、ホキ美術館のコレクション第1号です。

画像

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2015/11/19]

ホキ美術館と写実絵画が「BS日テレ」の1時間番組で紹介されます。
BS日テレ「探求!写実絵画の世界」12月6日(日)午後3時より放送。

BS日テレ「探求!写実絵画の世界」12月6日(日)

フリーアナウンサーの住吉美紀さんとアートテラーとに~さんがホキ美術館所蔵作品や写実絵画を代表する5人の作家の多彩な作品を紹介。作家へのインタビューでは作品の制作過程を掘り下げ、写実絵画の魅力に迫ります。
ぜひご覧ください。

北海道の野田弘志氏のアトリエで「新作《聖なるものTHE-IV》2015年」の制作秘話を紹介。
島村信之氏のアトリエで制作中の新作を紹介。
ホキ美術館のギャラリーで、五味文彦氏、小尾修氏、石黒賢一郎氏が作品を解説。

BS日テレ「探求! 写実絵画の世界」
2015年12月6日(日)午後3時~

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

五味文彦サイン会のお知らせ[2015/11/7]

五味文彦氏の初の画集が発売されることを記念してホキ美術館にてサイン会を開催します。
サイン会当日にホキ美術館のミュージアムショップにて画集「五味文彦画集《瞳の中の触覚》」をご購入いただいた方のみが対象となります。他の商品および持ち込まれた物へのサインのリクエストはご遠慮ください。

■開催予定日時
2015年11月21日(土)午後1時30分~2時30分

■画集詳細
五味文彦画集《瞳の中の触覚》
タイトル:五味文彦画集《瞳の中の触覚》
定価:3456円(本体価格:3200円)
発行:求龍堂
サイズ:B5判ソフトカバー
ページ数:144
掲載作品数:77点
五味文彦さんの作品を前にすると私達はその技術に圧倒されます。「まるで写真のようだ」という感想は陳腐のように聞こえるかもしれませんが、極めて真っ直で大きな衝撃を受けるからこそ発してしまう言葉だと思います。しかしその作品は現実世界のように見えますが、実はまったく別の世界のリアリティです。つまりこの世に存在しない恐ろしいほど現実味のあるフィクションなのです。作家の思想と思索が複雑に織り重なった思考の行方を探ると現れる姿こそ五味文彦さんの作品の魅力です。本書はその驚愕の世界を体験できる初めての画集です。五味作品の最大のコレクター、ホキ美術館所蔵作品も満載してご紹介します。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「3つの個性 - 表現の可能性を探る -」のお知らせ[2015/10/22]

ホキ美術館は11月16日(月)から19日(木)まで展示替えのため休館します。

11月20日(金)より、企画展「3つの個性 - 表現の可能性を探る -」を開催します。
開催期間:2015年11月20日(金)~2016年5月15日(日)

ホキ美術館企画展:3つの個性 - 表現の可能性を探る -

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2015/10/21]

テレビ番組でホキ美術館が紹介されます。 日本テレビ【沸騰ワード10】再放送決定!

先日放送しました、日本テレビ【沸騰ワード10】が次回10月30日(金)レギュラー初回2時間SPに向けて『前回のおさらい!PR番組』として、10月24日(土)13:30〜14:30に再放送する事が決まりました。ホキ美術館が紹介されます。ぜひご覧ください。

日本テレビ「沸騰ワード10」
2015年10月24日(土)午後1時30分~2時30分

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2015/10/6]

テレビ番組でホキ美術館が紹介されます。
日本テレビ「沸騰ワード10」
2015年10月9日(金)午後7時~7時54分
ホキ美術館と所蔵作品が紹介される予定です。 ぜひご覧ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

サマーナイトミュージアム のお知らせ

サマーナイトミュージアム

2015年7月19日(日)と8月8日(土)は夏限定の「サマーナイトミュージアム」を実施いたします。
開館時間:午前10時
閉館時間:夜7時30分
入館料:通常料金

当日は閉館時間を2時間延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトークを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500

企画展「写実って何だろう?」のお知らせ[2015/5/9]

ホキ美術館は5月18日(月)から20日(水)まで展示替えのため休館します。

5月21日(木)より、企画展「写実って何だろう?」をギャラリー1にて開催します。
開催期間:2015年5月21日(木)~2015年11月15日(日)

ホキ美術館企画展:写実って何だろう?

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

スモールコレクション 2015 by ギャラリースチ

写実作家12名の新作をホキ美術館ギャラリー4にて展示販売いたします。
購入をご希望されるお客様は会場に設置しております集計箱に応募用紙をお納めいただくか、 ギャラリースチ(Gallery Suchi)まで電話あるいは、E-mailでお問い合わせください。
展示最終日に集計を行い、購入をご希望されるお客様が複数おられた場合には、5月6日(水)最終日の午後3時から抽選とさせていただきます。

Small Collection by Gallery Suchi 2015
■展示期間:2015年4月22日(水)~5月6日(水)
■会場:ホキ美術館 ギャラリー4
■出品作家:野田弘志・五味文彦・大畑稔浩・冨所龍人・小尾修・島村信之・石黒賢一郎・安彦文平・小木曽誠・塩谷亮・藤田貴也・渡抜亮(敬称略)

株式会社 ギャラリー須知(ギャラリースチ)
電話・FAX:03-6661-6393 E-mail:info@gallerysuchi.com
ギャラリー須知ホームページ
営業時間:午前11時~午後7時 休廊日:日曜日・月曜日・祝日

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館 2015年版カレンダー 販売開始のお知らせ[2014/10/31]

「ホキ美術館 2015年版カレンダー 壁掛けタイプ」の販売を始めました。

サイズ:タテ35cm×ヨコ33cm
ページ数:7ページ(表紙などを含まず)
形態:壁掛けタイプ
販売価格:972円(税込)

2015年版の掲載作品は以下の6点です。

【 1月・2月 】
中山 忠彦《壁掛けのある部屋》
中山 忠彦
《壁掛けのある部屋》
2002年
【 3月・4月 】
五味 文彦《パンと檸檬》
五味 文彦
《パンと檸檬》
2010年
【 5月・6月 】
野田 弘志《聖なるものTHE-Ⅳ》
野田 弘志
《聖なるものTHE-Ⅳ》
2013年

【 7月・8月 】
原 雅幸《モンテプルチアーノ》
原 雅幸
《モンテプルチアーノ》
2013年
【 9月・10月 】
森本 草介《アリエー川の流れ》
森本 草介
《アリエー川の流れ》
2013年
【 11月・12月 】
島村 信之《幻想ロブスター》
島村 信之
《幻想ロブスター》
2013年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送のお知らせ[2014/12/18]

テレビ番組でホキ美術館が紹介されます。
BSフジ「八木亜希子のおしゃべりミュージアム」第2回
12月20日(土)午後4時~4時55分
ホキ美術館の紹介のほか島村先生のアトリエも紹介される予定です。 ぜひご覧ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

特別展「野田弘志 展」と企画展「ホキ美術館名品展 2014」のお知らせ[2014/11/5]

ホキ美術館は11月17日(月)から20日(木)まで展示替えのため休館します。

11月21日(金)より、特別展「野田弘志 展」をギャラリー3にて、企画展「ホキ美術館名品展 2014」をギャラリー1にて開催します。
開催期間:2014年11月21日(金)~2015年5月17日(日)
ギャラリー3の特別展「野田弘志 展」は、他美術館所蔵の3点とホキ美術館所蔵作品で構成します。ギャラリー1の企画展「ホキ美術館名品展 2014」は、新作4点と所蔵作品の中から人気の高い作品を選び構成します。

ホキ美術館名品展 2014・野田弘志 展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

企画展「人思い、人想う。」のお知らせ [2014/05/11]

ホキ美術館は5月19日(月)から21日(水)まで展示替えのため休館します。

5月22日(木)より企画展「人思い、人想う。」をギャラリー1にて開催します。
開催期間:2014年5月22日(木)~2014年11月16日(日)
新作および所蔵作品のなかから「人物画」をテーマに、50点を選んで構成します。

人思い、人想う。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

第1回 ホキ美術館アートスクールを開講します。
写実を目指す30歳以下の受講生20名を募集 [2014/05/23]

若手写実作家育成のために、現役の著名写実作家の指導によるアートスクールを開講します。多くの若手作家の応募をお待ちしています。
第1回 ホキ美術館アートスクール

注意事項
※第2回ホキ美術館大賞に応募することが参加条件となります。
※作品と作文の選考があります。
※受講料無料。宿泊費、食費、研修費用などはホキ美術館が負担します。
※アートスクール開講場所までの交通費は自己負担となります。

アートスクール実施期間
2014年8月29日(金)~9月1日(月)3泊4日

アートスクール開講場所
・ホキ美術館(千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15)
・生命の森リゾート(千葉県長生郡長柄町上野521-4)

講師
・野田 弘志
・島村 信之
・石黒 賢一郎
・小尾 修
・五味 文彦

スケジュール
8月29日(金)千葉市のホキ美術館へ集合・説明・見学
講師:野田弘志「写実絵画とは何か」
宿泊:生命の森リゾート コテージ

8月30日(土)
講師:島村 信之「油彩の表現技法」
講師:石黒賢一郎「シルバーポイントのデッサン」
宿泊:生命の森リゾート コテージ

8月31日(日)
講師:小尾 修「オイルデッサン」
宿泊:生命の森リゾート コテージ

9月1日(月)
講師:五味 文彦「静物画から風景・人物画へ。その発想」
修了式・解散

提出物
・申込用紙
・近年描いた写実絵画作品の写真紙焼き A4サイズ程度
・作文「なぜ写実絵画をめざすのか」400字程度
8月1日(金)までに合否を通知します。
合格者に電話で参加の意思を確認後に手続き完了となります。

ホキ美術館アートスクール係
〒107-0062 東京都港区南青山2-18-20 南青山コンパウンド502
TEL:03-6312-4098
FAX:03-6862-8600
e-mail:hoki-award@mbr.nifty.com

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

サマーナイトミュージアム のお知らせ

サマーナイトミュージアム

8月2日(土)は夏限定の「サマーナイトミュージアム」を実施いたします。
開館時間:午前10時
閉館時間:夜8時(最終入館は閉館の30分前)
入館料:通常料金

当日は閉館時間を2時間30分延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトークを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

★ご飲食の限定サービス
美術館内の「ミュージアムカフェ」のラストオーダーを夜7時まで延長。
サマーナイトミュージアム限定ドリンク&前菜プレートを特別ご用意。
◎前菜&ドリンクセット:1080円(前菜単品:680円/ドリンク単品:500円~)
当日限りのとってもお得な価格でレストランはなうのシェフがご用意する4種の前菜盛り合わせプレートです。ドリンクには“自家製サングリアビアンカ”(アルコール)と“自家製ミントシロップのソーダ”(ノンアルコール)をご用意してお待ちしております。
サマーナイトミュージアム限定ドリンク&前菜プレート

バス時刻表【土気駅 → ホキ美術館】
午後 4時23分  
午後 5時06分52分 
午後 6時24分43分 

お帰りのバス時刻表【ホキ美術館 → 土気駅】
午後 6時11分30分53分
午後 7時06分50分 
午後 8時11分29分 
※土気駅~バス乗り場/美術館~バス乗り場はともに徒歩2分程度。
※バス乗車時間は5~10分程度。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500

テレビ放送のお知らせ[2014/6/18]

テレビ番組でホキ美術館が紹介されます。
BSフジ「八木亜希子のおしゃべりミュージアム」第2回
6月21日(土)夜7時~7時55分
ホキ美術館の紹介のほか島村先生のアトリエも紹介される予定です。 ぜひご覧ください。

ページトップへ

テレビ放送決定のお知らせ[2014/4/9]

BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」にてホキ美術館が紹介されます。
放送日時:4月11日(金)午後8時から「~世界に誇る日本の写実絵画、最前線!~」
「新私の代表作」ほか現在展示中の作品が中心となる予定です。

ページトップへ

第1回ホキ美術館大賞「特別賞」決定[2014/3/1]

ホキ美術館にご来館のお客様の投票により決定する「第1回ホキ美術館大賞 特別賞」の受賞作品が決定しました。たくさんのお客様のご協力に感謝いたします。誠にありがとうございました。

投票期間:2013年11月15日(金)~2014年2月17日(土)
受賞作品:石川 和男 《海風を歩む》(100号)
石川 和男 《海風を歩む》2013年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館 2014年版カレンダー 販売開始のお知らせ[2013/11/09]

「ホキ美術館 2014年版カレンダー 壁掛けタイプ」の販売を始めました。
2014年版の掲載作品は以下の6点です。
【 1月・2月 】
原 雅幸《マナーハウス》2013年
原 雅幸《マナーハウス》2013年
【 3月・4月 】
森本 草介《アンティーク・ドール》2013年
森本 草介《アンティーク・ドール》2013年
【 5月・6月 】
五味 文彦《樹影は蒼く匂う》2011年
五味 文彦《樹影は蒼く匂う》2011年
【 7月・8月 】
生島 浩《月虹》2013年
生島 浩《月虹》2013年
【 9月・10月 】
安彦 文平 《九九鳴き浜の蘇生》2012年
安彦 文平 《九九鳴き浜の蘇生》2012年
【 11月・12月 】
島村 信之《憧憬》2013年
島村 信之《憧憬》2013年

サイズ:タテ35cm×ヨコ33cm
ページ数:7ページ(表紙などを含まず)
形態:壁掛けタイプ
価格:900円

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館3周年記念 「第1回 ホキ美術館大賞展&新 私の代表作展」
のお知らせ [2013/10/26]

ホキ美術館は11月11日(月)から11月14日(木)まで展示替えのため休館します。

2013年11月15日(金)より、ホキ美術館3周年記念 「第1回 ホキ美術館大賞展&新 私の代表作展」を開催いたします。本展は、第1回ホキ美術館大賞入選作品56点と、新規収蔵品「新 私の代表作」14点などで構成いたします。

第1回ホキ美術館大賞展&新 私の代表作展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

日本橋三越本店で開催「ホキ美術館所蔵 森本草介展」 [2014/1/17]

ホキ美術館所蔵の森本草介作品33点により日本橋三越本店で森本草介展を開催します。
2001年の個展で10万人を動員し「写実ブーム」を巻き起こした写実絵画の第一人者、森本草介が12年ぶりの大規模展覧会を開催。ホキ美術館が所蔵する写実絵画コレクションの中から、作品33点を一堂にご紹介。セピアトーンと、品格のあるリリシズムが特徴とされる貴重な作品の数々。多くの絵画ファンが待ち望んだ、またとない機会をお見逃しなく。

2014年5月以降にホキ美術館に作品が戻ります。
森本草介《未来》2011年
森本草介《未来》2011年
ホキ美術館オリジナルグッズ「図録各種・ポストカード・額絵」などを多数販売中
会期 2014年2月5日(水)~2014年2月17日(月)
時間 午前10時~午後7時
  ※ 閉場30分前までにご入場ください
  ※ 最終日は午後5時30分閉場
会場 日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
東京都中央区日本橋室町1-4-1
電話番号:03-3241-3311(代表)
入場料     一般・大学生:800円
  高校生・中学生:600円
  小学生以下無料
  ※ チケットの販売は閉場30分前まで
お問い合わせ:日本橋三越本店   大代表電話 03-3241-3311

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

抽選で50名様に日本橋三越「森本草介展」招待券をプレゼント
[2014/1/17]

東京での初のホキ美術館所蔵作品の巡回展を記念して、ご家族・ご友人の方とご一緒に、みなさまでご利用いただけるように1組4名様分のチケットを50組様(合計200名様)にプレゼントいたします。
森本草介展招待券

■ホキ美術館所蔵「森本草介展」の概要
会場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー (東京都中央区日本橋室町1-4-1)
会期:2月5日(水)~2月17日(月)午前10時~午後6時30分
入場料:一般・大学生800円、高校生・中学生600円、小学生以下無料

■当選発表
チケットの発送をもって当選の発表に代えさせていただきます。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

森本草介が12年ぶりの大規模展覧会を開催 「阪急うめだギャラリー 」 [2013/12/21]

ホキ美術館所蔵の森本草介作品36点のうち33点により大阪「阪急うめだギャラリー」で森本草介展を開催します。12年ぶりの個展となります。
2001年の個展で10万人を動員し「写実ブーム」を巻き起こした写実絵画の第一人者、森本草介が12年ぶりの大規模展覧会を開催。ホキ美術館が所蔵する写実絵画コレクションの中から、作品33点を一堂にご紹介。セピアトーンと、品格のあるリリシズムが特徴とされる貴重な作品の数々。関西の森本作品ファンのみならず、多くの絵画ファンが待ち望んだ、またとない機会をお見逃しなく。

2014年2月には日本橋三越本店にも巡回します。その後、2014年5月以降にホキ美術館に作品が戻ります。
森本草介《未来》2011年
森本草介《未来》2011年
会期 2013年12月30日(月)~2014年1月12日(日)
  ※ 2014年1月1日(水・祝)は休業
時間 午前10時~午後9時
  ※ 2013年12月30日(日)は午後6時まで
  ※ 閉場30分前までにご入場ください
  ※ 最終日は午後6時閉場
会場 阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
入場料     一般:700円
  大学生・高校生:500円
  中学生以下無料
  ※ チケットの販売は閉場30分前まで
お問い合わせ:阪急うめだ本店   大代表電話 (06) 6361-1381

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

「光と風をかんじて…展」のお知らせ [2013/05/16]

ホキ美術館は5月20日(月)から22日(水)まで展示替えのため休館します。

5月23日(木)より「光と風をかんじて…展」をギャラリー1にて開催します。
開催期間:2013年5月23日(木)~2013年11月10日(日)

所蔵作品のなかから「光と風」をテーマに、23名の人気作家の約60点を選んで構成しました。
静物画、人物画、風景画、それぞれの場面で作家が表現する「光と風」を、窓からの自然光を取り入れたギャラリー1でお楽しみください。

光と風をかんじて…展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

入館料改定のお知らせ

ホキ美術館は2010年11月の開館以来、常時約160点の写実絵画を展示しております。
来館者の皆さまに優れた写実絵画を良い状態でご覧いただくための努力をしておりますが、常によりよい環境をつくるために作品の補修や館内施設の補修を行い、また写実絵画のコレクションをさらに充実させるべく、このたび入館料を改定させていただくことになりました。

次回の企画展「光と風をかんじて……展」が開催される2013年5月23日(木)より新料金となります。何卒ご了承ください。
ホキ美術館は日本の写実絵画の発展のために今後もさらなる努力をしてまいります。

【新料金】2013年5月23日 木曜日より適用
一般:1800円
高校生・大学生・65歳以上:1300円
中学生:900円
小学生:無料(ただし大人1人につき小学生2人まで)
団体(10名以上):1600円(65歳以上:1300円)
小学生団体:750円/1人(小学生10人に対して保護者の方が1人つく場合)
5枚つづり券の発券は終了します。

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500

サマーナイトミュージアム のお知らせ

サマーナイトミュージアム

2013年7月27日(土)と8月10日(土)は夏限定の「サマーナイトミュージアム」を実施いたします。
開館時間:午前10時
閉館時間:夜7時30分
入館料:通常料金

当日は閉館時間を2時間延長いたしますので、夕方から夜にかけてのホキ美術館をお楽しみいただけます。美術館内を歩きながら作品の紹介や建物の特徴などを解説するミュージアムトークを夕方6時から実施予定ですのでお気軽にご参加ください。

★ご飲食の限定サービス・ミュージアムカフェ
美術館内のカフェのラストオーダーを夕方5時30分まで延長。

★ご飲食の限定サービス・レストランはなう
サマーナイトミュージアム限定の3500円の特別コースをご用意。
前菜とドリンクがセットで1500円のお得な「happy hour」のオーダーを夜7時まで延長。

バス時刻表【土気駅 → ホキ美術館】
午後 4時23分  
午後 5時06分52分 
午後 6時24分43分 

お帰りのバス時刻表【ホキ美術館 → 土気駅】
午後 6時11分30分53分
午後 7時06分50分 
午後 8時11分29分 

お問い合わせ:ホキ美術館 電話:043-205-1500

初めての巡回展を大阪で開催
「ホキ美術館名品展」 [2012/11/20]

島村信之《レッスン》2008年
島村信之《レッスン》2008年

会期 2012年12月12日(水)~12月30日(日)
  会期中は無休
時間 午前10時~午後9時
  12月30日(日)は午後6時まで
会場 阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
入場料     一般:800円
  大学生・高校生:600円
  中学生以下無料
お問い合わせ:阪急うめだ本店   大代表電話 (06) 6361-1381

森本草介《横になるポーズ》、関西在住作家、青木敏郎、生島浩らの作品をはじめ、ホキ美術館の名品ばかり60点を大阪・阪急うめだギャラリ―に展示します。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

開館2周年記念 「写実の可能性と大いなる挑戦―新規収蔵展」のお知らせ [2012/10/31]

ホキ美術館は11月12日(月)から11月20日(火)まで展示替えのため休館します。
11月21日(水)より、開館2周年記念「写実の可能性と大いなる挑戦―新規収蔵展」を開催いたします。
本展は、主要作家がホキ美術館のために描いた最新作約20点と、新規収蔵品など計60点で構成いたします。

写実の可能性と大いなる挑戦―新規収蔵展展 表 写実の可能性と大いなる挑戦―新規収蔵展 裏

チラシ「写実の可能性と大いなる挑戦―新規収蔵展」のPDFファイルのダウンロード
・チラシ表面のダウンロード
・チラシ裏面のダウンロード
※転載・複製・改変・頒布などはご遠慮ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館の作品がテレビで紹介されます [2012/08/22]

8月23日(木)夜7時より、BSジャパンの番組でホキ美術館の写実絵画が紹介されます。作家:五味文彦氏が生出演されます。
8月23日(木)夜7時~8時
BSジャパン「NIKKEI × BS LIVE 7PM」
「日本が世界に誇る超写実絵画 」
出演:山田五郎、五味文彦ほか。
BSジャパン「NIKKEI × BS LIVE 7PM」

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館の作品がテレビで紹介されます [2012/05/22]

5月26日(土曜日)夜11時からBS朝日で放送される「極上空間」にてホキ美術館の作品が紹介されます。 番組では、伝説のドラマ「噂の刑事 トミーとマツ」で大ブレイクした松崎しげるさんと国広富之さんがホキ美術館で写実絵画を鑑賞された様子が紹介される予定です。
BS朝日(BS 5ch)極上空間

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館の建物が「千葉市都市文化賞2011」の建築部門と「千葉県都市文化賞」で優秀賞を受賞しました。[2012/03/30]

「千葉市都市文化賞」とは千葉市が表彰する「千葉市の都市景観と建築文化の向上に貢献している優れた建築物」に贈られる賞です。
周囲の自然環境や住宅地と調和を保つとともに、展示空間のきめ細やかな配慮や、設計の質の高さなどが受賞の決め手となったそうです。

「千葉県建築文化賞」とは千葉県が表彰する「うるおいとやすらぎに満ちた快適な街づくりに貢献している優れた建築物」に贈られる賞です。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

「現代の写実。ホキ美術館名品展」のお知らせ [2012/03/18]

5月26日(土曜日)から「現代の写実。ホキ美術館名品展」が始まります。
ホキ美術館の開館から1年半が経過し、これまでに人気の高かった作品、話題になった作品ばかりを集め、23作家60点で「現代の写実。ホキ美術館名品展」としてギャラリー1にて開催いたします。

ホキ美術館 名品展

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

開館時間変更のお知らせ [2012/03/15]

4月1日(日曜日)から開館時間を「午前10時~午後5時30分」に変更いたします。
月曜日:午前10時~午後5時30分
火曜日:休館日
水曜日:午前10時~午後5時30分
木曜日:午前10時~午後5時30分
金曜日:午前10時~午後5時30分
土曜日:午前10時~午後5時30分
日曜日:午前10時~午後5時30分

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館の作品がテレビで紹介されます [2012/02/27]

3月4日(日曜日)夜9時から日本テレビで放送される「行列のできる法律相談所」に石黒賢一郎先生が出演します。ホキ美術館に展示中の話題の作品《存在の在処》や石黒先生のアトリエと制作中の様子なども紹介される予定ですので是非ご覧ください。

石黒賢一郎 《存在の在処》2001年-2011年
石黒賢一郎 《存在の在処》 2001年-2011年

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館の建物が「第7回 日本建築大賞」に選ばれました [2012/02/09]

ホキ美術館の建物が、社団法人 日本建築家協会による2011年度 優秀建築選公開審査会の結果「日本建築大賞」に選ばれました。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館から作品鑑賞についてのお願い [2011/12/05]

当館では、写実絵画をより見やすくするためにガラスを入れていない作品が多数あります。
ただ、悲しいことですが、絵画を触る方がいらっしゃいます。
絵画の保存のために、どうぞ触らないでいただきたいのです。
お客様に見やすい環境をという配慮でガラスを外しておりますがこのままではガラスを入れなければならない事態になりそうです。
どうぞ絵に触れることはされませんよう、お願いいたします。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

「はなう」クリスマスディナーのお知らせ [2011/11/20]

クリスマスのスペシャルディナーを3日間限定でご提供いたします。
シェフが腕によりをかけた本格イタリアンとともに、思い出に残るクリスマスをお過ごしください。
お電話での事前予約制となりますので定員に達し次第に受付を終了いたします。

12月23日(金)、24日(土)、25日(日)
全て定員に達しましたのでご予約の受付を終了いたしました。

日時
12月23日(金・祝日)、12月24日(土)、12月25日(日)
午後5時30分から

メニュー
・ポワローの一口スープ
・キノコとホロホロ鳥のテリーヌ
・生ウニと人参ムースのコンソメゼリー
・海の幸のグラタン
・ビーツのリゾット
・ホウボウのリングイネ 香草パン粉
・鴨胸肉のロースト 赤ワインソース
・デザート
・コーヒーまたは紅茶
お一人様:6,500円(サービス料・消費税込)

ご予約をお待ちしております。
レストラン「はなう」 TEL:043-205-1300

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

若手写実作家の登竜門 - 「第1回ホキ美術館大賞」の作品募集を開始いたします。 [2011/11/18]

新人写実作家の発掘と写実絵画の発展を目的に「ホキ美術館大賞」の募集を開始いたします。
みなさまのご応募お待ちしております。

応募に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

「はなう」秋のスペシャルディナーのお知らせ [2011/09/12]

秋の味覚をふんだんに使ったスペシャルディナーを10月の3日間限定でご提供いたします。
味はもちろん、彩鮮やかな「はなうのスペシャルディナー」で食欲の秋のひとときをご満喫ください!

開催日時:10月1日(土)、10月8日(土)、10月16日(日)午後5時30分から

特選コースメニュー
・前菜3種盛り合わせ
・サンマのカルパッチョ キャビア添え
・お豆のスープ
・牡蠣とニョッキのグラタン仕立て
・千葉市市原産天然キノコのタリアテッレ トリュフ風味
・ホロホロ鳥のロースト 柿のソース
・栗とナッツのセミフレッド シチリア風
・パン
・コーヒー
1ドリンク付き・お一人様:5,800円

ご予約をお待ちしております。
レストラン「はなう」 TEL:043-205-1300

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

NHK日曜美術館アンコール放送決定 8月14日朝、21日夜 [2011/07/27]

ホキ美術館の代表作家:野田弘志を紹介するNHK日曜美術館(5月8日、5月15日放送分)のアンコール放送が決まりました。

NHK日曜美術館「原点にして究極! 超写実絵画 野田弘志」

8月14日(日)午前9時から
8月21日(日)午後8時から

出演:加賀乙彦さん(作家・医師)
VTR出演:宮尾登美子さん(作家)、高橋睦郎さん(詩人)、大沼映夫さん(画家)

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

7月1日より、レストラン「はなう」の営業時間が変わります。 [2011/06/20]

■平日
ランチ:午前11時30分~午後2時30分
ディナー:午後5時30分から

■土曜日・日曜日・祝日
ランチ:午前11時~午後2時30分 / 午後2時30分~午後5時
午後2時30分からはコースメニューではなく単品メニューをお楽しみいただけます。
ディナー:午後5時30分から
ディナータイムはコースだけではなくアラカルト料理にも対応いたします。

■7月1日より、カフェ(B1F)でハヤシライス(サラダ+コーヒー付き1,500円)限定10食を始めます。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

開館記念第二弾の展覧会のお知らせ [2011/05/16]

ホキ美術館は5月23日(月)から27日(金)まで展示替えのため休館します。
5月28日(土)より、開館記念第二弾「時を超えて - 静物と風景画展」を開催いたします。
テーマを静物と風景画にしぼり、ギャラリー1を中心に、ホキ美術館で初めて展示する作品約60点で構成します。なおギャラリー2から9は常設展示となります。

静物と風景画展 表 静物と風景画展 裏

カタログ「時を超えて - 静物と風景画展」のPDFファイルのダウンロード
・カタログ表面のダウンロード
・カタログ裏面のダウンロード
※転載・複製・改変・頒布などはご遠慮ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

5月8日 朝9時~ NHK日曜美術館「原点にして究極!超写実絵画野田弘志」放送予定 [2011/05/02]

NHK日曜美術館でホキ美術館が紹介されます。
5月8日(日)午前9時から NHK日曜美術館「原点にして究極! 超写実絵画野田弘志」
5月15日(日)午後8時から再放送
ホキ美術館に司会者の千住明さん、森田美由紀さんとゲストで作家・医師の加賀乙彦さんがおみえになり、収録を行いました。ホキ美術館所蔵の作品も多数紹介されます。
ぜひご覧ください。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

東日本大震災の影響による営業時間の変更、臨時休館のお知らせ [2011/04/03]

平成23年3月11日に発生しました「東日本大震災」により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
地震や計画停電により、予定外の営業時間の変更、および臨時休館が発生する場合がございます。
営業時間の変更、臨時休館が発生する場合は、このホームページにてご案内いたします。
お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

営業時間について
【ホキ美術館】
 午前10時~午後5時
 美術館は計画停電が実施されてもこの時間帯は営業いたします。
ホキ美術館の計画停電地域は「第一グループ ナンバーD」になります。

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

ホキ美術館のテレビ放送のお知らせ [2011/04/02]

ホキ美術館のテレビ放送が4月3日(日)と4月12日(火)に決定しました。
下記日程の番組でホキ美術館が紹介されます。
・4月3日(日)午前9時45分から NHK「日曜美術館アートシーン」
・4月12日(火)午後10時から BS日本テレビ「ぶらぶら美術・博物館」アンコール放送

ページトップへhttp://hoki-museum.jp/

テレビ放送決定のお知らせ [2010/12/01]

美術専門の2番組で放送が決定しました。
12月14日(火)午後8時から BS日本テレビ「ぶらぶら美術・博物館」

12月18日(土)午後11時45分から NHK教育「ミューズの微笑み ときめき美術館」
再放送:12月21日(火)午後4時30分からNHK BS2、12月25日(土)午前10時30分からNHK教育

ページトップへ

ホキ美術館開館記念特別展
2010年11月3日(水・祝)~2011年5月22日(日)[2010/10/01]

千葉市最大の公園である昭和の森に面した緑豊かな環境の下、2010年11月3日、日本で初めての写実絵画専門美術館ホキ美術館が開館します。「ホキ美術館開館記念特別展」として、300点のコレクションの中から、人物画・静物画・風景画などの名品、163点を9つのギャラリーに展示します。

島村信之「西窓」2010 年
島村信之《西窓》2010 年

写実絵画とは対象を見たままに描いた作品ですが、写実と一口にいっても画家によって個性豊かです。ホキ美術館では、森本草介、野田弘志、中山忠彦ら巨匠から、若手作家まで約40作家の作品を比較してご覧いただくことができます。
また、写実絵画鑑賞のために設計された、地上1階、地下2階の三層からなるゆるやかにカーブした回廊には、作品がピクチャーレール無しで展示され、LEDとハロゲンを使った照明による最高の環境のなかで、写実の名品をゆったりとご覧いただけます。

[ホキ美術館収蔵作家一覧]

森本草介 野田弘志 中山忠彦 磯江毅 青木敏郎 原雅幸 大矢英雄 島村信之 
生島浩 諏訪敦 石黒賢一郎 五味文彦 小尾修 大畑稔浩 羽田裕 藤原秀一 
李暁剛 塩谷亮 松澤茂雄 横尾正夫 永田英右 木原和敏 藤井勉 福井欧夏 
山本大貴 高橋和正 津地威汎 安彦文平 松村卓志 渡抜亮 曽根茂 卯野和宏 
岩本行雄 石田洋一 永山優子 廣戸絵美 中根寛 伊澤幸三 向井潤吉 
山中雅彦 芳川誠 Adolf Sehring Dario Campanile 他 (順不同)

会場: ホキ美術館(千葉市緑区あすみが丘東3-15) (東京より70分)
電車: JR外房線 土気駅下車 「あすみが丘ブランニューモール行き」バスで5分「あすみが丘東4丁目」下車すぐ
お車: 千葉東金道路「中野インター」より15分 有料駐車場=普通乗用車40台
開館時間: 午前10時~午後6時 金曜は午後7時まで 日曜・祝日は午後5時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 毎週火曜日
但し11月23日(祝・火)は開館、翌24日(水)は閉館。2011年5月3日(祝・火)は開館、5月2日(月)は閉館。年末年始は休館いたします。
入館料: 大人:1,500円/高校生・大学生・65歳以上:1,000円/中学生以下無料/一般5枚つづり券:6,000円
※65歳以上の方は年齢を証明できる身分証などをご提示ください。

ページトップへ

オープンに向けて着々と建設中 [2010/08/27]

2010年11月3日オープンに向け順調に進む建設現場の様子。

ホキ美術館外観「建築中」

ページトップへ

ホキ美術館ロゴマーク完成 [2010/08/27]

ホキ美術館は緑豊かな昭和の森に隣接し、自然と触れ合いながら写実絵画を最高の環境で鑑賞できる場です。写実絵画専門の美術館として、若手画家の育成や写実絵画の発展に寄与してまいります。
このようなホキ美術館の理念を表現するロゴマークが完成しました。

  • 勢いよくかつ繊細に描かれた線は、三層からなる建物とその導線をイメージ
  • 16世紀の画家ダ・ヴィンチ、ラファエロ、そして17世紀のフェルメールらが対象を見たままに描いたヨーロッパの伝統的写実絵画。それらを基盤に現在も続く写実絵画の道とその未来を表すイメージ
  • 千葉市最大の公園である「昭和の森」と一体化した水と緑のイメージ

ロゴマークデザイン:関根慎一 1987年 東京藝術大学視覚デザイン大学院 終了、LDデザイン事務所 入社 1997年 関根慎一デザイン室 設立

ページトップへ

ホキ美術館開館構想記者発表会を開催 [2010/04/22]

保木将夫館長
スピーチする保木将夫館長

4月22日の午後1時より、有楽町電気ビルの東京外国特派員協会にて、「ホキ美術館開館構想記者発表会」が行われ、マスコミ各社、関係者など多数お集りいただきました。

当日はホキ美術館館長保木将夫、ホキ美術館準備室長保木博子をはじめ、日建設計の山梨知彦氏、画家の野田弘志・森本草介両氏などの登壇により、美術館設立の経緯や美術館やコレクションの特徴、スペインの建築祭で受賞した美術館建物についてなどの説明をいたしました。会場には野田弘志・森本草介両氏の作品2点が展示され、記者発表後も熱心に取材が行われました。

その後、当館のワインセラーに貯蔵し、美術館内のイタリアンレストラン「はなう」でお楽しみいただける予定のワイン特別試飲会なども開催し、終始なごやかな雰囲気のなか終了いたしました。

ホキ美術館開館構想記者発表会
写真1
ホキ美術館開館構想記者発表会
写真2
ホキ美術館開館構想記者発表会
写真3
ホキ美術館開館構想記者発表会
写真4
ホキ美術館開館構想記者発表会
写真5
ホキ美術館開館構想記者発表会
写真6

【写真1】 ホキ美術館模型。敷地は左から右にかけてスロープになっており、右側の階層の先端30メートルが宙に浮く形になっています。 【写真2】 設計者である日建設計:山梨知彦氏が建築構造についてプレゼンテーションをしました。 【写真3】 記者発表会場には森本草介氏、野田弘志氏の作品が展示されました。 【写真4】 ホキ美術館を代表する作家、野田氏(左)と森本氏(右)。 【写真5】  野田氏(左)と森本氏(右)がそれぞれの作品の前に立ち、保木将夫館長と固い握手を交わしました。 【写真6】 ワイン特別試飲会にて左から、野田氏、ホキ美術館準備室長:保木博子、保木館長、森本氏、山梨氏。

ページトップへ

最新のお知らせはこちら