過去の企画展


ホキ美術館ベストコレクション展 2020年11月21日(土曜日)~2021年5月16日(日曜日)

ホキ美術館では、当館を代表する作家15人による描きおろしの大作を3年に1度、「私の代表作」としてギャラリー8で発表しており、今回はその第4回目となります。今回、私の代表作として選ばれたのは次の15人の作家の作品です。野田弘志、羽田裕、青木敏郎、五味文彦、原雅幸、大畑稔浩、藤原秀一、小尾修、島村信之、石黒賢一郎、諏訪敦、山梨備広、塩谷亮、藤田貴也、三重野慶です。なかでも山梨備広、三重野慶の作品は初めて代表作に選ばれました。美術館の中で唯一黒い床壁天井の部屋で、ひとり6メートルの区切られた空間に展示される私の代表作。回を重ねるごとに出品作は大きくなっており、2メートル近くの大作が中心です。ぜひ、間近に最前線の写実作品をご覧ください。

「私の代表作」の始まりは、2007年までさかのぼります。創設者の保木将夫は、美術館設立にあたり、展示で何か核となるものを持ちたいと考え、作家を集め、3年をかけて「私の代表作」といえるような大作を好きなテーマで自由に描いていただくよう依頼しました。そうして2010年の開館のときに、描きあがった作品が特別な展示室、ギャラリー8に展示されました。ホキ美術館の所蔵作家は現在60名あまりいますが、ここに展示できる作家は、選ばれた作家です。そして作品は3年間展示されます。隣に展示される作品に負けないよう、それぞれの作家が創意工夫をこらし描きます。誰がどのような作品を描くかは、知らされていません。こうして「私の代表作」の展示は3回の展示替えを経て、第4回まで続いてきました。2010年11月3日のホキ美術館の設立以来、第2回が2013年、第3回が2017年、第4回が2020年で、それぞれ、14~15点の大作が美術館に納められます。
大半が白い壁の展示室のなかで、唯一黒い壁、黒い床のギャラリー8に、ひとり6メートルのスペースを与えられ、大作を発表しています。2020年11月21日からは、作家の生の声による音声ガイドを事前にアプリストアからアプリをダウンロードいただき、その端末でお聞きいただくことができます。

「ホキ美術館ベストコレクション展」では、描きおろしの大作15点をギャラリー8に、過去に納められた43点の「代表作」の中から主な作品や関連する作品を、ギャラリー1を中心に、館内に展示しております。まさしくホキ美術館のために描かれた「ベストコレクション」を紹介する展覧会となります。

ページトップへ