「永遠の瞬間」静物画展

ギャラリー1では静物の美しい一瞬をとらえ、「永遠の瞬間」として残された作品の数々、五味文彦、青木敏郎、小尾修の新作計8点を含む、斬新な静物画の数々を約40点紹介いたします。

「15世紀のペストの流行から「メメント・モリ」「ヴァニタス」という思想の上に静物画は存在することになりました。現在では、流れ続ける時間軸の中の「一瞬」が永遠に続いていく、感じがします」保木 博子

「ひんやりと薄暮が佇む頃、秋の虫達の演奏会が始まる。その調べのように、モチーフ達に輝いてほしく筆をとる。各々の顔を顕にし、華美に装っているものは豪奢に、繊細なものには怜悧を鎧(よろ)わせ、光の粒がもの達の顔に点在し、凝縮している様を一つひとつ拾ってゆきたい」
五味文彦

青木 敏郎《菓子・パン・白デルフトの焼物》2014年

小尾 修《7:30am.》

小尾 修《7:30am.》2021年

ホキ美術館休館日

2022年 5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休館日

祝日

TOP
来館予約 アクセス メール